決めるが先、やるのは後


second-chance

 

こんばんは、花井志穂です。

『ゴールデンルールセミナー、旦那さんをやっと説得できて申込しようと思ったら、満席になっていましたーー。。』

こんなお声を2、3人からいただきました。

・・・女性あるあるですね。

お子さんが小さいと、男性のように
『セミナー行ってくるね!!』なんて感じで出られないのが女性。。

すごく良く分かります。

しかも、ネットビジネスに理解のある旦那さんならまだしも、
そうでない場合は、なんて説明すればいいのか・・・・汗

こんなお悩みをお持ちの女性は多いはず。

実際に、私が開催している女性限定セミナーでも、この話は必ずといっていいほどでますね。

ただ、今日はそのお気持ちは置いておいて・・・。

私のスタンスをお話しようかなと思っています。

まず大前提として、私は『思い立ったらすぐ行動』が基本スタンス。

これは昔からそう。

というよりも、残念ながら諦められないんですよ・・・・。

自分が思ったことややりたいことは、何としてでも叶えたいと思っているので。

自己中と言われればそれまでなのですが、

その甲斐あってか、今までを振り返っても
『あの時こうしておけば良かったな』と思うことは少ないんですよね。

(ただ単純に忘れているのもありますが。笑)

だから、もし仮に、今回のゴールデンルールセミナーにおいて、
自分がもしも申込をする側であったのなら、

間違いなく、『即断即決』で申し込んでいます。

むしろ、18時から募集開始であったら、
そのタイミングでPCにはりついていたと思います。

小玉さんのFMCの募集の時は、朝の5時からだったのですが、
もちろん即申込しました。

“決めるが先、やるのは後”

『参加したい!』という強い想いがあるのなら、
それを決めてから、周りに説得するように動けばいい。

もちろん、こうした私の行動が周りに迷惑をかけている部分はあると思います。
突然動き出しますからね。笑

でも、そんなちっぽけな迷惑を気にしていたら、
自分の人生レベルで変わってしまうような時、
その決断ができないことになります。

今回のようにチャンスが一瞬で消えてしまうことも大いにあるのですから・・・。

“やらなかった後悔”

これはずっとずっと、胸に残るものです。

あの時こうしておけば・・・
なんて思っても、その時にはもう遅い。

過去は生きられないものなのです。

だから、私はいつも先に決める。

そして、行動を起こして、もしもそれがダメだったら
その時にまた違う方法を考えればいい。

きっと、それを解決する方法は、まだあるはずだから・・・。

“心が動く瞬間”というのは、そんなにたくさんはない。

だからこそ、その感情を大切に。
その想いに素直に行動すること。

これが、私のスタンスです。

PS//

講師陣の集合写真、実は撮影者は小玉さんです。

みなさん見ていただけましたか?^^

めちゃくちゃ気に入っています。

ゴールデンルールセミナー 詳細はこちらから

花井志穂公式メールマガジン
メルマガ登録完了で、117,800円相当のプレゼントをお届け!

BUYMAを仕事にしよう!稼ぐ女子在籍率圧倒的No.1の女性コミュニティStellar 詳細はこちら

メールマガジン


メルマガ登録完了で、117,800円相当のプレゼントをお届け!

BUYMAを仕事にしよう!稼ぐ女子在籍率圧倒的No.1の女性コミュニティStellar 詳細はこちら

PAGE TOP