スクリーンショット 2017-04-24 8.04.03

BUYMAの「ペナルティ」にご注意を!&アメリカでセミナーします


おはようございます、花井志穂です。

ついに、ついに、
海外でセミナーをすることになりました。

その場所は、《アメリカ・サンフランシスコ》!!

「え!?花井さん英語しゃべれるんですか!?」

と言われますが、、、

「安心してください、全くしゃべれません。笑」

でも大丈夫です。

アメリカ在住の、
日本人の方向けのセミナーです。

(大丈夫なのか?笑)

ではなぜ、突然サンフランシスコなのか?というと、

私の運営しているコミュニティーStellarは、
全国、そして世界に仲間がいるんです。

そんな感じでサンフランシスコにも、
3名のメンバーさんがいるのですが、、

先日、帰国していたメンバーさんと話していた時に、

「志穂さん、サンフランシスコでセミナーしてください^^」

という話をいただき、

「やりましょう!!!!」

というノリで、本当に行くことにしました。

ニューヨークからも、
仲間が駆けつけてくれるそうです^^

もしアメリカ在住で、

「花井のセミナー受けてみたい!!」

という方がいましたら、
ぜひご参加いただけますと嬉しいです。

アメリカは広いけど、、、、
日本に来るよりは、近いはず。(おそらく)

また改めてご案内させていただきますが、

5月20日(土曜日)午後
サンフランシスコ中心部にて、開催しますので、

楽しみにしていただけますと幸いです!

さてさて、今日は久しぶりに、
最近のBUYMAの傾向について。

数ヶ月前から、

「アカウントのペナルティ制限」

というものが、あちこちで起こっていたりします。

そして最近は、顕著に出ています。

これは何か?というと、

1、人気順から下がる
2、アクセス、欲しいものが激減する
3、結果として、受注が減る

というかんじ。

つまり、ペナルティがかかると、
一気に受注が減り、利益が減っていくという
ショッパーとしては死活問題なるものです。

「あれ?なんか最近受注とアクセス減ってるな・・・」

という人は、もしかしたらペナルティかもしれません。

(ただ単純に、リサーチできていない可能性もありますが笑)

では、どういうことが起こると、
ペナルティがかかってしまうのか?

・・・・

私が今、確信していることとしては、

・複数回の強制キャンセル

これが一番大きな原因だと考えています。

「気付いたら、発送期限切れちゃってて、キャンセルになっちゃった!!」

これ、BUYMAでショッパーをしていると、
「あるある〜」なことかもしれません。

「無在庫だし、仕方ない」と思ってる人も
いるかもしれません。

でも、超注意したほうがいい。

ほぼ間違いないく、
複数回の強制キャンセルで、アカウントペナルティがかかります。

さらにもうひとつ、気をつけたほうがいいなあと感じているのは、

・BUYMA側に、強制キャンセルの復活をお願いすること

です。

強制キャンセルになっても、
お客様の意思が取れていて、双方の合意ができている場合、

BUYMA事務局に依頼すれば、強制キャンセルになってしまった取引を
戻してくれる場合があります。

しかし、この依頼は、
ちょっと控えた方がいいんじゃないかなあ・・・という印象。

これは確証ではないので何とも言えませんが、
「戻して欲しい」と依頼すると、
ペナルティになりやすいようにも感じています。

もちろん、これはBUYMA側が公式で発表していることではないので、
「100%絶対だ!!!」とは言い切れませんが、

「今、こんな傾向にある」ということだけは、
間違いないと思います。

では、これを防ぐために、
どのような対策をとればいいのか?

というと、答えばシンプルで、

「強制キャンセルにならないように、より一層注意する」

ただそれだけです。

強制キャンセルは、
せっかく自分から買ってくれたお客様に、
大きな迷惑をかけることになります。

なので、BUYMA側が、
その不注意に対してペナルティを課すことは、
当然といえば、当然です。

だからこそ、改めて注意することが必要。

毎日必ず2回は、発送期限を確認するとか、
外注化しているのであれば、
外注さんにチェックしてもらうことを徹底するとか。

それだけでも、防げることだと思います^^

「BUYMAは稼げない」とか言われますが、
BUYMAは、変わらず稼げます。

これに関しては、
今も昔も、ずっっっと変わっていません。

だからこそ、

・利益をどんどん伸ばしたい
・安定して稼ぎたい
・ずっとBUYMAを続けていきたい

という方は、改めて意識を変えてみてくださいね^^

それでは、今日も楽しくいきましょうー!

PS///

「ペナルティ」よりも重い、
「アカウント削除」は、以前より圧倒的に減りました。

(数年前、意味もわからず削除されていたこともあったので・・・)

とはいえ、今でもアカウント削除される事例は、稀にあります。

その原因は、

「偽物を扱ってしまった」「評価があまりにも悪い」とか、
ショッパー側に過失・原因がある場合もあるのですが、、、

もうひとつ、

「過去に、アカウント削除された人と同じIPアドレスから、
あなたのアカウントにログインすること」

も、アカウント削除の原因になります。

例えばAさんがショッパーとして活動していました。

しかし、Aさんがなんらかの理由で、
アカウント削除になってしまいました。

その時、Aさんには外注さんがいて、
その外注さんは、Aさんのアカウントにログインしていました。

そこから、その外注さんは、
新しい仕事を探し、次はBさんの外注さんとして
BUYMAのお手伝いを始めました。

そして、そのままBさんのアカウントにログインをすると

・・・・数日後、アカウント削除になります。

(これは、ほぼ間違いありません)

それくらい、「アカウント削除」は厳しいです。

自分だけで回しているならコントロールできることですが、
外注さんを雇う時は、ぜひ注意してくださいね。

花井志穂公式メールマガジン
メルマガ登録完了で、117,800円相当のプレゼントをお届け!

メールマガジン


メルマガ登録完了で、117,800円相当のプレゼントをお届け!

PAGE TOP